妊娠と脱毛の関係について

脱毛期間中に、「妊娠」というライフスタイルのイベントが発生する可能性は、十分にあり得ます。

今回は、妊娠と脱毛の関係について、時系列ごとにお話していくことにしましょう。

 

妊娠発覚

妊娠が発覚した時点で、ほとんどの脱毛サロンが施術NGとなります。

かといって、施術自体が悪影響を及ぼすわけではありません。

しかし、妊娠中のホルモンバランスの変化によって、お肌にトラブルが起こりやくなっています。

万が一のことも考えて、施術NGとしている脱毛サロンが多いのです。

 

サロンへ連絡を

妊娠発覚してから、長い期間施術をお休みすることになります。

妊娠が発覚した時点で、すぐに脱毛サロンへ連絡をしましょう。

期間無制限であれば問題ありませんが、期限が決まっている場合は要注意です。

「妊娠したため、契約を休止できないか?」ということを、脱毛サロンに問い合わせる必要があります。

 

出産後

では、出産後は、いつから脱毛することができるのでしょうか。

実は、これは脱毛サロンによって対応が変わる場合が多いです。

「生理が再開した時点で可能」という脱毛サロンもあれば、「授乳中もNG」という脱毛サロンもあります。

こちらについても、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

以上、「妊娠と脱毛」の関係についてお話してきました。

 

なお、妊娠中の脱毛は基本的はNGですので、必然的に自己処理をすることになるでしょう。

この場合もホルモンバランスが崩れているため、細心の注意が必要です。

カミソリはお肌に負担がかかりやすいので、シェーバーがおすすめです。

 

また、除毛クリームや抑毛クリームは、「妊娠中の使用NG」な商品も多いですので、しっかり確認してみてくださいね。

さらには、ホルモンバランスが大きく変化するため、出産後には「ムダ毛の再発」ということも考えられます。

 

脱毛サロンのスタッフと今後の方針や施術の仕方を相談のうえ、脱毛を進めていってくださいね。

 

コメントは受け付けていません。